住宅劣化問題を解決、外壁塗装などの施工を専門とする業者の利用

業者の選び方

現在の取り組みやトレンド

外壁塗装も多種多様になってきています。これは、外壁塗装に一定の授与があるからにほかなりませんが、その一方で外壁塗装の業界も競争が激化しています。 特に都会では住宅も多いですが、業者もたくさんあり、しかも外壁塗装のエリアも人いことから3市や4市をまたがって営業をしているところも珍しくはありません。そうするとどうしても複数の同業他社とエリアがかぶってしまい、競争が生まれてしまうのです。 これは顧客側にとっては嬉しいことで、価格が安くなったりサービスが豊富になることは独占している業者がいるよりもよほど安心感や利用しやすさがあります。 最近の傾向としては、アフターサービスがしっかりしているところが増えてきました。

その歴史についてはどうか

アフターサービスの一つとしてその保証期間です。一般的に保証期間が長いのはハウスメーカーです。それに続いて工務店という感じで保証期間が長くなっています。これは、塗料の品質や塗装の腕に自信がないとできないことで、それと同時に安心感を提供することにも役立ってます。 歴史的にみてこのような保証期間が設けられた時はあまりなかったのではないでしょうか(ただし、保険という制度は大航海時代からある)。 この一方で、悪徳業者が多いのも事実です。悪徳業者の典型としては、料金は普通で施工内容がいい加減なものや、料金を高めに設定して施工もいい加減なところがあります。当然保証期間自体はないところも多いのです。これは保証することができない品質だからと言えます。これらはインターネットの口コミや評判などが参考になるでしょう。