住宅劣化問題を解決、外壁塗装などの施工を専門とする業者の利用

外壁塗装の保障

外壁塗装で知っておきたいこと

住宅を購入して20年、30年もそこに住んでいると、一度ぐらいは外壁塗装をしなければならないことがあります。 外壁塗装の必要性は、決して外観をきれいに見せることだけではなく、その住宅の寿命にも関わってくる点です。住宅の劣化を防ぐためには耐熱性と遮熱性に優れている必要がありますが、塗装にはそういった要素も含まれているのです。 では、実際に外壁塗装をする場合、どのあたりに注意をしたほうがいいでしょうか。あまり知られていないのはその保証についてです。よく、チラシやホームページで「10年間保障」などと言う文字が赤い字で大きめに書かれていることがあります。外壁塗装の場合は、外壁すべてを保証するわけではないのです。

工夫することで価格も安くなる

この保証というのがどこまで含まれるかによって業者によって解釈の仕方が違い、それが原因でトラブルになることもあるのです。 一般的に業者が保証するのはその塗装のみであることが多いのです。つまり、外壁材のひび割れにより塗装もひび割れてしまった場合は、補償対象外になってしまうのです。これは、外壁のひび割れの原因は塗装不足にあることもありますが、地震などが原因でも外壁が割れてしまうため、外壁のひび割れまで保障してしまうとお金の獲れない保障に時間を費やし、業者が赤字で潰れてしまう可能性もあるからです。 このような理由により、保障内容が縮小解釈されることがありますので、後々のトラブルを防ぐためには、できるだけ施工前に補償内容を確認しておきましょう。